債務整理後でも借りれる消費者金融紹介中

ブラックリストでも借りれる金融はあるの?余裕が無い時困ったら

独身時代の余裕

 

お金とは本当に必要なものだし、余裕がある時に貯蓄するべきだと結婚して家庭を持った今、つくづく痛感しています。
独身の頃は今よりはるかに余裕がある生活で、生活費の計算もすることも無くやりたい放題。欲しいものも迷わず衝動買い、外食三昧でした。

 

結婚した今では欲しいものがあっても生活費で浮いたら買う、外食も家族の誕生日ぐらいになってしまいました。独身時代からすると出費を抑えているつもりでも、家庭を持ち家族が増えるとこれまでにはなかった出費が増えましたので、結果的には独身時代よりも家計は苦しくなる一方です。

 

何か急な出費があるとヒヤヒヤする生活。貯蓄が余分にあればまだ気持ちも楽ですが、贅沢三昧してきた結果たいして貯蓄もなく、そして貯蓄を始めようと思った今はその余裕もなく途方に暮れているところです。

 

過去の自分のような独身の人を見ると、「いずれ後悔する時がくるのになぁ。」とよく思います。でもその頃とは、先の事や結婚して子供が産まれた時の為に…なんてほとんどの方は考えていないのかもしれません。今、独身の方々に一番言いたい事は、ありきたりなのですが「今のうちから貯蓄しておいた方がいいですよ」という事です。お金が貯まりすぎて困る…なんて事はないですから。

 

今では考えられない、日給5000円

 

私は20代前半の男です。これは私が18歳くらいの時の話です。
当時私は高校を中退し 建築の解体屋さんで働いていました。私は当時なにもでいなかったので日給5000円で働いていました。

 

当時は仕事もそんなになく、毎月、手取り13万円前後で生活していました。その当時から私は実家をでて一人暮らしをしていたため13万前後の中から家賃5万円と携帯代、光熱費などを払うと残りはほぼ0で今考えたらまだ若いのにお金がなさすぎて恐ろしいことに気がつきました。

 

夏は暑くて冬は寒い。おまけに建築現場の解体ですので、毎日ほこりまみれになって働いていました。
ですが大人からは所詮中退はそんなものと言われました。

 

中退は本当に不利なことかもしれませんが私は精一杯頑張ったつもりでしたし 休みの日はお金がなくて友達から遊びに誘われてもなるべくお金のかからないように 使わないように我慢してやってきました。そして私はもうこのような生活は嫌だと思うようになり、会社を辞めると社長に言ったのですが やはり中卒は今の給料が、妥当だよ!と言われ 私はやはりそうかと思いそれから半年働きましたが 給料は5000円のままでさすがに生活も苦しくなってきた為その会社をやめることにしました。

 

それから私はその会社をやめ 今では毎月25万前後の仕事につくことができました。これから私はあの頃のようにお金がなさすぎて恐ろしい思いはしたくありません。そしてしないように今の職場でもっと頑張りたいと思います

 

収入が少ない、お金を稼ぐために職を転々と変えた

 

専門学校では、建築科を選び2年間学業にはげみましたが、構造計算が苦手で授業がついていくのが必死でした。私の前に学年トップの成績の方がいてくれたおかげで何とか専門学校を卒業しました。

 

その後は土木に就職が決まり社会勉強のため、仕事帰りにパチンコを覚え行っていました。なかなか、勝てず負けてお金が減っていくばかりで自分には合わないと思い、行かなくなり、その職場も1年で退職しました。それから、無職でお金がなくどうしようか悩んでいました。

 

近所の内装屋で日雇いとして雇ってもらい収入は少なったですが、1年ちょっとまで働きました。次はパートでしたが魚を原料のまま各スーパーに搬入の仕分けの仕事で冷凍庫の中は氷点下の作業場で軍手2枚重ねて使用したり防寒着を着ても商品を配る仕事でした。

 

夏はそのまま、車の中に入っても10分は汗がでなったです。パートでしたので、給料は安く2,3年間働いていました。
次は工務店で部署が営業でした。人と話が嫌でしたので、3カ月の使用期間で収入も少なくやめました。

 

それからすぐはホームヘルパー2級の資格の為、職業訓練校に通いながら夜はパートの運送の仕分けをやっていました。収入は5万円と少なかったですが、資格取得のため必死でした。その後は介護職で12年間働き結婚もしましたが、介護職も決して給料がよくありません、30歳後半を向かれた私ですがこれからを考えています。

 

更新履歴