求人が少なく仕方がなく現在の会社に

生きてるだけでお金がかかる

地方で働くアラフォーのサラリーマンです。以前は今でいうブラック企業のようなところに勤めており、毎日怒鳴られたり殴られていました。そのせいもあって鬱病になり退職しました。

 

一年の失業期間を経て再就職しましたが地方なせいもあり求人が少なく仕方がなく現在の会社に就職しました。

 

就職したのは良いのですが正社員で手取りが14万円でボーナスはありません。年収で計算すると200万円を切ります。はっきり言って生活保護者よりもひどいです。

 

以前は暴力による精神的苦痛、現在は経済的に生活苦です。景気が上向いてるといったニュースも聞きますが私には全く関係ありません。

 

毎月貯金もろくにできず、その日暮らしという言葉がぴったり当てはまります。毎日余裕がなく精神的に追い詰められてきています。また鬱が再発しないか心配です。最近具合が悪いのでいっそ生活保護の申請でもした方がいいのではないかとも思っています。

 

働かなくて生活が厳しいのはわかりますが毎日残業してもその日暮らしでしかも生活保護より収入が低いとは全く持って納得できません。以前年収300万円時代が来るなどとテレビで言っていた人もいますが300万あれば金持ちです。

 

生きているだけで年金や住民税は苦し、本当に生きにくい時代訓辞だと思います。